カジノ愛好家にぴったりな絵画トップ5

ギャンブルは日本では実際にどのくらい人気があると思いますか?ギャンブル人気に関する日本人の考え方にはかなりばらつきがあります。日本にはギャンブルに関する問題がなく、また、厳しく規制されているため、ギャンブル中毒で苦しむ人はいないと思っている人がいる一方、日本は間違いなく最大のギャンブル問題を抱えていると言う人もいます。

私たちの意見はその中間にありますが、今日の記事の要点はそこではありません。カジノを肯定的に捉えようと否定的に捉えようと、カジノは世界で人気があります。それは芸術作品からも言えることで、世界中の芸術家が時代を問わず、芸術作品を制作する上でカジノに着想を得ています。

以下にギャンブル関連した最高の芸術作品を5つご紹介します。

  1. 『ポーカーをする犬』

クーリッジによる連作

まず初めに、おなじみの名作からご紹介します。カジノやビリヤードクラブに行ったことのある人なら、きっと『ポーカーをする犬』を見たことがあるはずです。世界中のカジノにあり、人生の中でこの絵を目にしないことはほぼあり得ません。このクーリッジの伝説的な作品は、実は連作の中の1点に過ぎませんが、クーリッジの最も有名な絵画とされており、間違いなく世界で最も有名なギャンブルに関連した絵画とされています。

  1. 『モンテカルロのルーレット台にて』

エドヴァルド・ムンク作

これは古い絵画ですが『ポーカーをする犬』と同じように素晴らしい作品です。美術史が好きなら、ムンクの最も有名な作品は『叫び』であり、伝説的な作品であることはご存知だと思います。しかし、その他にも成功した画家として、彼は多くの素晴らしい作品を残しました。『モンテカルロのルーレット台にて』もその一つなのです。

  1. 『カード遊びをする人々』

ポール・セザンヌによる連作

後期印象派でギャンブルの場面を描いた作品を探すなら、ポール・セザンヌはうってつけの画家です。この有名な画家は作品制作で油絵の手法を用いており、『カード遊びをする人々』もその手法を用いて描かれました。絵の中には、家の中の質素なテーブルでカードゲームをしている40代の紳士が2人描かれています。2人の隣にはおそらく何らかのアルコール飲料の入った瓶が1本あります。

  1. 『スロットマシンの女王』

シェリー・ウィルカーソン作

ここまで古い絵画をご紹介してきましたので、『スロットマシンの女王』は比較的に新しい絵画だと言えます。現在では20ドルという安価な価格で複製が手に入るため、簡単に1枚手に入れることができます。女王のように描かれている老婦人がスロットをプレイし、贅沢なカジノ生活を楽しんでいる様子が描かれています。

  1. 『カードゲームをめぐる口論』

ヤン・ステーン作

カジノとギャンブルはアルコール、お金、犯罪などと連想されることが多いです。ヤン・ステーンはカードゲームの後に起きた争いを描き、人の心を魅了する作品を制作しました。剣を抜こうとしている紳士は酔っているように見え、ナイフを構えている相手の紳士もそのように見えます。ほとんどの人が笑っている一方で、この混沌とした状況を止めようとしている人もいます。

絵画という芸術を好きかどうかにかかわらず、このような作品からギャンブルが私たちの文化や伝統に与えてきた影響を正確に描いていることをお分かりいただけたと思います。これは、昔から私たちの生活の一部としてギャンブルが存在してきたことを表しています。

Liked Liked